5分でわかる! マンション経営をするということ

超低金利時代のなか、住宅ローンの金利負担は大幅に軽減。バブル期に比べ、
はるかに少ない負担でマンション購入が実現できるようになりました。
経済の低迷により土地価格が下落すると同時にマンション価格も下がり、
よりお求めやすい価格でご購入いただけるようになっています。
ここでは、「どうしてマンション経営がおすすめなの?」
「マンション経営のメリット・デメリットは?」など、
はじめてマンション経営をご検討される方のために役立つ情報をわかりやすくご提供いたします。

マンション経営って、つまりどういうこと?

マンション経営とは、取得されたマンションにご自身が住まわれることを目的にするのではなく、
お客様がマンションオーナーとなって賃貸し、
その確実な家賃収入により生涯にわたって豊かな暮らしをご享受いただくことのできる
今注目の資産運用のスタイルです。
他の資産運用方法と比較しても数々の魅力を誇るマンション経営を。
ぜひこの機にご検討されてみてはいかがでしょう。


どうしてマンション経営がおすすめなの?

投資用マンションは、運用の仕方によってさまざまなメリットをもたらします。
私的な年金のように、家賃収入によって将来の安定的な収入源にしたり、
生命保険の代わりにご家族のための保障にしたり。
経済の状況によっては売却益を得られることもあり、価値の目減りしにくい資産活用として人気です。

利回りを考えれば、預金より絶対有利!

史上最低の金利水準がつづくなか、都市銀行の定期預金などに比べても、
マンション経営の家賃収入による利回りは圧倒的な高水準をキープ。
かつハイリターン を追うかわりにハイリスクも背負わなければならない他の金融用品に比べ、
安心して取り組むことができる資産運用の優等生と言えます。
特に首都圏エリアのワンルームマンションではその利回りはここ数年4~5%を堅持しています。



先ににも触れましたように、公的年金だけではゆとりある老後は期待できませんし、
また各大手生命保険会社などの商品は受給時期も決まっており、その額も定額です。
一方、マンション経営は毎月のローン支払いも安定した賃料収入が補ってくれている為、
わずかな自己資金で始められ完済後は所有している限り
毎月、家賃収入がそのまま個人年金の役割を果たしてくれます。


インフレ傾向の現在では、投資物件の資産価値や賃料相場の上昇も期待できます。
インフレ時に目減りが懸念される預貯金の一部をマンション経営にまわし運用することで
インフレヘッジになりますし、
またタイミングを見計らい物件を売却すればキャピタルゲインを得ることも可能です。


不動産は現金や預貯金などの金融資産に比べて、相続評価も大幅に圧縮する事が可能です。
おおよその時価に対して50~65%程度が相続税の基礎となる評価額になります。
現金・預金がその金額に対し100%評価される点を考えれば、
マンション経営は明らかに優位だと言えるでしょう。


マンション経営においては、オーナーとして確定申告を行う必要があります。
その際には、住宅ローン金利、管理費、固定資産税、都市計画税、建物や設備の減価償却費などが
必要経費として計上できるため、その必要経費が家賃収入を上回る事で、帳簿上の赤字として給与所得など、
他の取得と合算され(損益)、税金の還付を受けることができます。


マンション経営って、空室リスクがあるんでしょう?

マンション経営の最大のリスクは、何と言っても空室リスクです。
借り手となる居住者様が付かず家賃収入が得られないことを指します。
リヴグループでは、マンションをご購入いただいた後は、
グループ全体で責任をもってその運用から管理まですべてを万全のサポート体制で対応させていただきます。

わずらわしい一切の賃貸業務サポートします。

リヴグループがオーナー様のマンションを賃貸借契約(マスターリース契約)の締結をし、
第三者に転賃(サブリース契約)をすることにより、入居の有無にかかわらず毎月の約定賃料を支払うシステムです。
※オーナー様には入居賃料の一定割合を控除した金額を約定賃料として保証いたします。

サブリースシステム

賃貸マンションをリヴグループが一室から借り上げ、 お家賃を保証いたします。
わずらわしい賃貸業務から解放されるほか、 安定した収入が保証されます。

集金代行システム

リヴグループはオーナー様に代わり 入居者(賃借人)に対し貸主(賃貸人)である
オーナー様の不動産管理業務の委託を受け、
責任をもって行います。 (賃料の集金から、督促業務、退出時の点検業務等)

集金システムの特徴

・賃料改修後、当社よりオーナー様の 指定口座にお振込いたします。
・毎月の賃料から家賃の一定割合を
管理手数料としていただきます。

マンション経営の根幹となる入居募集業務も万全に。

賃貸管理部を中心に、インターネット網などを活用し、
豊富な情報量と親切な対応で入居者の募集を行います。

リフォームや維持・管理が大変なのでは?

いわゆる「大家さん業」も、リヴグループが一括して代行いたします。
ご入居者様が退去する際の室内立会いから、原状回復工事等のリフォーム、
トラブル対応(災害、給排水設備異常、入居者トラブル等)やセキュリティサービスなども備えています。

大切な資産を保全すべくリフォーム部を設置

入居募集効率を高め、お預かりした物件の稼働率を常に高い水準に保つため、時代のニーズを先取りし、
より新しい市場にアピールできる様、新しい技術や素材に関する情報収集や修得に心がけ、
オーナー様に対してその実施を提案し、より高いサービスをご提供できる様に自社施工を可能とするため、
リフォーム部を開設、また弊社は、マンションの全居室に次世代触媒「CT触媒」を採用するなど
借主様の届出時の「トラブル」や「環境復帰」等に発生する問題を少しでも削減する努力にも努めております。

マンションの維持管理に向けた広範な業務もおまかせください。

マンションの維持管理に関する業務は事務経理・会計業務、設備点検等多岐にわたります。
弊社は専門知識を持ち、より高い品質管理を目指し。
管理組合様との管理委託契約に基づき、保守や管理業務、
点検作業をはじめとする日常業務を実施しています。
また、建物の資産価値を守るための長期修繕計画を策定し、管理組合にその実施をご提案いたします。
常に、誠意のある確かな管理を行う事がオーナー様の大切な資産の維持保全につながると考えています。

万全かつ迅速なセキュリティサービスも導入。

都市生活にとって「安全管理」は必須条件です。
入居者の生活を24時間・365日見守り、「安心・安全」を維持するため「セコム株式会社」の
セキュリティシステムを導入し万一の事故や火災の際はもちろんのこと、
警備員や技術者を急行させるなど、迅速に対応いたします。

自宅のローンがあるのに、そもそもローン審査が通るの?

ご自宅のローンと投資用マンション購入のためのローンは、金融機関による審査の基準が異なりますので、
ご自宅のローンが残っていても、投資用のローンを利用することが可能なケースが多いです。
ただし、融資額や審査の可否は条件によってさまざまですから、
まずはリヴグループのアドバイザーにご相談ください。


ページトップ