HOME > 不動産情報マガジン > 今、日本は“お買い得”!? 海外投資家の熱視線を浴びる日本の不動産

不動産情報マガジン

今、日本は“お買い得”!? 海外投資家の熱視線を浴びる日本の不動産

ここ最近、海外の投資家やファンドが、
こぞって日本の不動産を買い求めているという経済ニュースがよく聞かれるようになりました。
なぜ今、日本の不動産なのでしょうか。

もともと不動産投資は近年、香港・シンガポール・NY等がその激戦区であり、
たくさんの投資家たちによって盛んに取引が行われていました。
ただ、それらの不動産が高騰し手がつけられなくなったため、
投資家たちが一斉に日本に注目するようになったのです。
特に東京の不動産は近年下落傾向にありましたが、
いわゆる「アベノミクス」などの影響を受けて回復基調にあります。
そしてもう一つ、彼らの投資を後押しする要因があります。
それは急速な円安の進行です。
円安により、さらなる割安感が生まれているのです。
また、日本を含むアジアの不動産全体が注目を浴びている状況の中でも、
東京を中心とする首都圏の不動産は比較的安定感があり、
投資家たちにとって投機的リスクが少ないというのも人気の一因のようです。

ただし今後、世界的なイベントの開催地としても東京の人気は急上昇中であり、
さらなる地価の高騰は避けられません。
地価が高騰すると、
これから建設されるマンションについてはその取得価格を反映しなければなりませんから、
徐々に割安感は薄れていってしまうでしょう。
“掘り出し物”を見つけるなら、今がまさにチャンスと言えるのではないでしょうか。


ページトップ